Pienikukkaのアトリエから
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
レッスンブログ
昨日は彫金レッスンの生徒さん。

真鍮を使って、華奢なパールのリングを作りました。



パール1つのリングと2つのリング。2本。



すごく細くてちょっと分かりにくいですが、槌目がついてキラキラ光ります。



重ねて2連のリング。

フォーマルにも合わせられそうな上品なリングです。
他のリングと合わせて楽しむこともできそうですね♪



それから、まだ途中ですがこちらもリング。



大きめのカボションを使ったリング。



石枠とリングをロウ付けして、石留めをします。

完成が楽しみです♪


フリーレッスンではリングを作りたいという生徒さんが多いです。

リングだといつも手元で眺めて楽しめますもんね。
私も気に入った石はリングにしたくなります。














お気に入りリングたち♪


レッスンブログ
今日はアートクレイの新しい生徒さんの作品を。



体験の時に作ってもらったプレートタイプのネックレストップ。
体験レッスンではこのような感じのシンプルなトップを作っていただくことが多いです。
銀粘土と言っても、どんな風に、何が作れるのか全くイメージが湧かない!という方も多いので、特にご希望がなければ、初めてでも簡単にできる作品をご提案しています〜♪




そしてカリキュラムレッスンの最初の作品。
カラーストーンリング。

ルビーのような赤い石を留めたリングです。
銀粘土ならではという感じのふにゃんと柔らかそうな質感に、可愛いストーンがよく合っていますね。




そして、これはこの講座でも大人気の、本物の葉っぱを使ったリーフネックレス。
ハート型の葉っぱに本物の真珠をあしらった上品なネックレスになりました。


次回はちょっと難関??
頑張りましょうね^ ^



暖かくなったり寒くなったりしながら、少しずつ春が近づいてきている感じがします。



そう言えばツーソンの石!
石旅ブログも途中ですが、見つけてきた可愛い石たちもまたご紹介していきますね〜♪

たまには作品
ツーソン石旅アップ途中ですが、ちょっと作品紹介など。

早速、買って来た石を1つ使ったので^^



好き過ぎてクドいくらい何度も出て来ている石ですが、パライバクォーツ。

少しモヤモヤっとミルキーなクォーツの中に可愛い青い水玉が散っています。



石枠とちょっと削り出したリングを作って。



シンプルなリングになりました♪





同じ石で。
アンティークな香水瓶をモチーフにしたネックレストップ。

プチプチと弾けるようなネオンブルーの水玉が可愛くて、魔法の香水のイメージで。



裏からもおもてからも細かい装飾が楽しめるように。

私自身はあまり香水を身につけることはないですが、気分によって香りを楽しむのは好きです。
こんなガラス瓶も飾り物としては大好きです♪




水玉くじらのネックレス。




石の中にポチっと光る青い目に気付いたら、もうこんな風に生き物に仕立てずにはいられません(笑)



裏から見ても青いおめめがこちらを見ています〜♪




定番のオーダー品。
リング台を並べたらメガネみたいになった。



シンプルなピンキーリング。
色味が少し違う優しい雰囲気のリングです。





お魚が欲しい猫リング。黒猫と白猫。




うちの黒猫ニニちゃん。

クロネコヤマトさんが運んでくるアマゾンさんの箱が大好きです。中身じゃなくて外身の段ボール箱。

外で宅急便の車の音がするとソワソワと窓の外を見に行きます。



ツーソン 石旅4
ツーソン石旅3のつづき。

会場間の移動はシャトルバス。


ジェムショー期間中無料で走っているGem Rideというシャトルバスの路線図。これを乗り継いで好きな会場へ移動できます。
ここでも日本感覚でいたためにちょっと失敗。

全てのバスが必ずルート通りに走り各停留所に停まる、というわけではないんですね。

こんなところでもGoogleマップに助けられました。
一応ちゃんとルート通りに走っているのか現在地確認をしながら乗っていると、思っている方向からどんどん離れていくシャトルバス(笑)。


乗る時に行きたい場所を伝えて、行けるかどうかを運転手さんに確認すれば良かったようです。

一応メインのルートは決まっているものの、バスの運転手さんによっては、その時の乗客の行きたい場所に合わせて走っているようでした。
ジェムショーのお客さんだけではなく、地元の人か、ルート途中の目的地まで乗せてくれと交渉している人もいたりもして。

そんなに大きなバスではないので、混み合う時間や人の多い会場では一度に乗り切れずに次を待つことになったり。

乗り継ぎがよく分からずに他のお客さんに助けてもらったり。

あるバス停では行きたい先を伝えると、このバスはそっちへは行かないんだけど…でもそこを渡って行けば10分ほどだから!と、わざわざバスから降りてきて簡単な道順を教えてくれたり。



10分くらいなら、いつ来るか分からない次のバスを待つより歩こう!と歩いていると、またもサボテンに遭遇。


ちょっとした想定外はあるものの、便利なシャトルバスでした。会場間の移動はほぼこれで行けました。


徒歩で移動しようと思えばできる会場もあるけれど、昼間はなかなかジリジリと陽射しもきつく暑かったです。
乾燥しているせいもあるのか、じわじわ汗が出るというよりもカラカラに干上がっていくという感じ^^;


移動して、石を見て、動き回っていると喉も乾くしお腹も空きます。


カフェやアイスクリーム屋さん、タイ料理屋さんやメキシコ料理屋さん、バーベキュー屋さんなどなど、会場によって色んなブースが設営されていました。

タイ料理にも惹かれたけど、ここはやっぱりメキシコ料理屋さん♪





とにかくボリューミー。

ビールが美味しいだろうな〜〜でも、後の買い物に差し支えるといけないので我慢我慢と。


つづく。


ツーソン 石旅3
ツーソン石旅2のつづき。

2日目の朝ごはん。


シナモントーストとカリカリベーコン。

すごく甘いものを想像していたけど意外に全然甘くなかったので、メープルシロップをかけるもシロップも薄味で。そう言えば昨日のパンケーキも薄味だったかな。
初日の夕食時にビールを運んでくれていたお兄さんに、朝はビールは飲まないのか?と陽気に絡まれたりして。


昨日のうちに地図をチェックしておいたので、まずはホテルから1番近い会場に徒歩で行ってみることに。
車移動だと気づかなかった物が見えたりするので、徒歩でブラブラと移動するのも大好きです。

ただ土地勘は全くないので。こういう時のGoogleマップって本当に便利♪
(とか言いながらホテルを出てしばらく真逆の方へ歩いていたのですけど(笑)



可愛いお店とサボテン。



道すがら見つけたサボテンを撮りまくる。



サボテン親子。



ダウンタウンにはそこそこ高い建物もあるのですが、その他は見渡す限り空という感じで、どちらを向いているのか分からなくなります。



目印になったのが、Aと書かれた山。
アリゾナ大学のAだそうで。
これが見える方向へ〜〜と歩いたりしていました。



路面電車が走っています。
Sushi Garden。和食のお店もあるみたい。



街の至る所で見かけたゲッコーのモチーフ。
ツーソンのマスコット的な扱い??



新聞の販売機にも可愛いゲッコー。


空気が乾燥しているせいかすごく喉が乾くので、ペットボトルの水を持ち歩きました。
あと、静電気がすごい!頭を撫でるとフワーッと髪が浮いてくる(笑)


20分ほど歩いて最初の目的地へ到着。



大きなクリスタル!



私よりも大きい石がゴロゴロ!



蝶々の形をしたシトリンドーム。




こちらも蝶々。アメジストドーム。




こんな所に?というような場所にまで色んな物が並んでいます。




石のバスタブ。
もう何がなんだか(笑)
ちゃんと排水口までついていました。

一応、全部売り物のようです。
どうやって運んだんだと思うし、どうやって持って帰るんだと。
(配送サービスはあるようです)

日本でいつも行くミネラルショーとのスケールの違いに驚きながら、いちいちでっか〜い!とはしゃいでしまいました。




アーティストさんの作品。
大きなルチルクォーツを乗せる台座も作品です。ライトがついてキラキラしてとても綺麗でした。




写真撮っていい?と聞くと、快く撮らせてくれるところと、スッパリ断られるところがあります^^;




小さな原石がドラム缶や衣装ケースのようなものにゴロゴロザラザラと入っていて、量り売りだったり選ばせてもらえたり。

ザラザラの中に綺麗なルースが置かれていたりして、まさにお宝探し状態に。



イタリアから来たという石屋さんのブース。
大好きなクォーツ系のカボションばかり探していたら、そんなにそれが好きなのかとばかりに、こっちにもっとあるから中へ入って選べば?と店の中へ入れてくれました。大量のカボションにキャッキャ言いながら選ばせてもらえました♪♪

毎年同じ場所に出展するお店も多いのか、また来年ここにいるから来てねと言われるお店も多かったです。


さて次の会場へとシャトルバスの乗り場へ〜。


つづく。

ツーソン 石旅2
ツーソン石旅1のつづき。


ジェムショーへの1日目。



快晴!朝はかなり寒かったです。ダウンを着てストールを巻いて防寒。
ホテルの前には大きなサボテンとヤシの木。


朝ごはんのパンケーキ。
多分私の顔と同じくらいの大きさのが2枚とスクランブルエッグ。薄いアメリカンコーヒーは飲み放題。
食べ切れずにちょっと申し訳ない思いもしながら、ジェムショーへ出発〜〜。


このジェムショー、会場が1つではなくツーソンの街の中に広く何十ヶ所にも点在しています。


原石系、化石系、ジュエリー用の高価なルース、ビーズ、すでにジュエリー加工されたもの、業者さん用のホールセールのみ、様々なアーティストさんの作品、時々民族雑貨などなど、場所に寄り少しずつ違っているらしくて。

事前にホームページやスマホアプリで少し調べてはいたのですが、出展団体の数も膨大なら情報量も多くて、土地勘も無いのでぼんやりとしたイメージしか湧かないまま。

1日目は石友さんが現地ガイドさんを手配してくださっていたので、スムーズに車移動ができました。

最初に訪れた会場で、ショーのパンフレットや地図を集めました。
会場を繋ぐシャトルバスの路線図も。

たった数日で全部周り切れるなどとは最初から思っていませんでしたが、とにかく自分の好きな物に出会うべく、会場をチラ見して直感でもここは違うと思ったらすぐに見切りをつけて次へ!という風に動かないと、何も見つからないよ〜〜なんて事を言われていたりもして。

とは言え折角ここまで来たのだから色んな物も見たいし〜とつい立ち止まってしまう。

金属でできた作品。


これも金属のオブジェ…?


モササウルスの化石。


会場の地図を確認していないと一見何だか分からないような場所にもお店のテントが並んでいたり。



仕事用の名刺を出して、ちゃっかりバイヤー登録をして入れてもらった会場もあります(笑)

ガイドさんにも、さぁ次へ行きましょう次へ、次へ、と促されながら、目当ての物がありそうな会場をチェックしたり、シャトルバスの場所を確認しているうちに、1日目はあっという間に終了でした。

帰り道、ガイドさんにホテルに近いコンビニなども教えてもらいました。(日本的な感覚で、ホテルの近くにコンビニやショッピングモールくらいあるだろうと思っていたら意外に見当たらず)
1日目はここでビールやサンド、サラダにおつまみなどを買い込んで、ホテルの部屋で明日からの打ち合わせをしつつの簡単な夕飯♪



ビールのサイズ!710mlだったかな。
サンドイッチも日本のコンビニのものの倍くらいありそう。
さすが飲食物のサイズが何でも大きかったです。
こちらの人の体はこういう物でできているのだな〜〜と妙に納得。

コンビニご飯だし、とあまり期待していなかったけど意外に意外に、なかなか美味しくて満足♪
よく見かけたコンビニはサークルK。


つづく。

ツーソン 石旅 1
2月初旬のアメリカ、アリゾナ州ツーソンで催されているジェムショーへ行ってきました。

https://www.visittucson.org/visit/events/featured-tucson/tucson-gem-mineral-fossil-showcase


伊丹空港から成田へ。そこで石友さんと合流。
アメリカン航空でまずはロサンゼルスへ〜。







成田からロサンゼルス空港へは10時間ほどで到着。トランジットが5時間あるので空港辺りをブラブラできたら良いな〜などと思っていたのですが、入国審査にかなり時間がかかりました。
職員さんに促されるまま進むと、まず謎の機械に困惑。

パスポートをスキャンして、画面に出てくるいくつかの質問にボタンで回答、指紋をスキャンして顔写真を撮られて〜〜と全部機械に促されるまま^^;
私は背が低いのですが、顔写真用のカメラが 機械ごと下がってきて合わせてくれているのにびっくり(思わず中の人がいる?誰かが操作してる?と疑った私は昭和の人。

それが終わると簡単に通れるのかと思いきや、また窓口への長い列に並ばされ、よくある 何しに来たの?何日居るの?をクリアしたら、ここでもまた指紋と写真。さっきの機械は何だったんだ??とまた困惑しながら、やっと無事に入国!
国境の壁問題があるのか以前からそうなのか不明ですが、特定の国からの入国者は別の窓口で少し厳しそうな感じでした。

でも少し心配していたトランプ大統領の影はあまりというか殆ど感じられず、少し拍子抜けしつつ広い空港内をうろうろしながらツーソンへの乗り継ぎゲートを探す…も、迷ってしまいなかなか見つからず^^;
職員さんに聞きながらやっとたどり着き。トランジット5時間も迷ったりお喋りしていればあっという間で。




飛行機からの景色。

ロスからツーソン空港までは1時間ほどでした。




空港の大きなサボテン!
ジェムショーで石を見るのも楽しみだけど、もう一つの楽しみがこの大きなサボテンを見ることでした♪
砂漠性の気候らしく冬は温暖、夏は乾燥してかなりの高温になるそうで。
2月のこの時期は昼間は20〜30度、日差しは強くジリジリしているのでサングラスに助けられました。
また朝晩は結構冷えるので、寒がりな私には薄いダウンが必要でした。(真冬の寒い日本からはヒートテック3枚重ねで出国、ロスに着いた時点で少し暑かったので途中で脱ぎました^^;)


空港からホテルまではタクシーで。
タクシーの陽気なおじさんの熱心なメキシコ料理推しに、あぁやっぱりメキシコに近いんだねぇと感じました。

既に夕方。



夕焼けが綺麗でした。

高い建物が殆どないので、空がとても広く感じられました。

1日目はほぼ移動。



ホテルのレストランで夕飯にしました。
ツーソンのビールがあったのでそれで乾杯!


これで1日目は終了でした。


つづく。


レッスンブログ
今日はワックスの生徒さんたちの♪




アートワックスの体験です。イニシャルKのペンダントトップを。
ワックスを溶かして盛り付けて、形にしていします。
次回キャストから返ってきたらピカピカに磨きます。出来上がりが楽しみですね。




カリキュラムレッスンの生徒さんの。
小花のピアス。
対になっているものを綺麗に作るのって難しいですよね。
花芯のプチプチが難しかったようですが。これもドンドン練習して慣れてください〜^ ^
ピアスポストはロウ付けでくっつけます。




これはキャストから返ってきたリング。
湯口の処理をして、ピカピカに磨いて、いぶし仕上げをしてもらいました。
文字がくっきり黒く浮かび上がりました♪




イニシャルYのペンダントトップ。
こちらも磨いていぶし仕上げをして完成です。

燻しは好みが分かれる…かな?
古びたアンティークな風合い、力強く渋い雰囲気に仕上がりますね。





私のですが、ネコです。




パールをボールに見立てて。
ボール遊びをする子猫ちゃん♪



久しぶりに編み物をしたくなって、毛糸と針を出したのですが。
うちに猫がいることを忘れていた…わけではないのですが。

猫にとって毛糸玉は楽しいオモチャになってしまうようで、大変なことになりました(*_*)





やんちゃ盛り?



お知らせ。
2月の1〜12日までお休みをいただきます。
メールでのお問い合わせなどは受け付けておりますが、少しお返事が遅れるかもしれません。
すみませんがよろしくお願いいたします。



刻印作り
久しぶりにタガネ作りなどしています。



魚の模様を打ちたくて。

鉄製の棒状の素材から、ゴーリゴーリと魚を削り出して。

焼き入れという作業をします。

バーナーの炎で真っ赤になったところをじゅーーっと水につけたりドキドキの作業。



ちょっと虹がかかったみたいで綺麗。


これを使って作ったリング。



魚を取りたい猫のリング。


猫モチーフって作りやすくて可愛い♪




大好きな段ボール箱の中でごーろごーろ暴れるににさん。


タガネを打つ音は嫌みたいで、作業を始めるとニャ!ニャ!と抗議をしてきます。困った。。



お知らせ。
2月の1〜12日までお休みをいただきます。
メールでのお問い合わせなどは受け付けておりますが、少しお返事が遅れるかもしれません。
すみませんがよろしくお願いいたします。


レッスン作品
今日は生徒さんたちの作品から。



アートクレイのカリキュラムレッスンを終え、彫金にもチャレンジしている生徒さんの作品。
色んな 丸 が揺れるペンダントトップ。
何回かに分けて丁寧に丁寧に進めています。
まだ途中だけど、完成が楽しみですね。




ワックスのカリキュラムレッスンの生徒さんの。
アンティーク風味に仕上げた鍵モチーフ。
真鍮製です。真鍮も銀のようにいぶし仕上げをすることができますよ〜。




こちらもワックス。
蝶ネクタイをした熊ちゃんが大きなダイヤを大事そうに抱えたネックレストップ。
キラキラです。




これもワックス。
カエル!
これは生き物の骨格を意識しながら作っていく作品で、関節の向きや表情、手足の先まで細かく作っていくもので、だいぶと生徒さん泣かせ^^;
親指の先ほどの小さなカエルさんです。アクセサリーというより眺めて楽しむ??




アートクレイの体験レッスンの作品です。
シンプルな星座のタグ。
裏にはお名前を彫ってあります。
おもてだけピカピカに磨いたり、燻してみたり、変化をつけて楽しんでいただけたかな?
次回はワックス体験。どちらが合っているか^^



ちょっとお知らせ。
2月の1〜12日までお休みをいただきます。
メールでのお問い合わせなどは受け付けておりますが、少しお返事が遅れるかもしれません。
すみませんがよろしくお願いいたします。



久しぶりに時計を作ってみました。
やっぱり細かい作業が好きです〜〜♪