Pienikukkaのアトリエから
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 秋色 | main | バンコクジェムフェア >>
9月予定
夏休みも終わり。明日から9月です。
1日から2週間ほど、新規のレッスン、オーダー、発送業務など少しお休みをいただきます。
お問い合わせ、メール対応は受けておりますが少しゆっくりになると思いますので、よろしくお願いいたします。


秋冬作品のつづき。



デンドリティッククォーツ。
水晶の中にシダ状の模様が広がります。
鉱物なのに植物っぽくて。木々の並ぶ風景みたいな石。
これからの時期にぴったりな石だと思います ♪






デンドライトオパール。




こちらは雪景色にも見える石。少しムーミンの世界みたいで。



パーツ一つ一つ全部手作業で作ります。



雪玉と雪だるまもつけて。




薄くスライスされた石は透け感があったので、影絵風にしました。





月夜の散歩道みたいな、どこか懐かしい雰囲気を感じました。


お月さまと言えばいつも思い出す事があって。

少しずつ会話ができるようになってきた頃のまだ小さかった長男に、「お月さんずっとついてくる、お家の中までついてきたらどうしよう」と言われて笑ってしまったこと。

笑ってしまったけど、自分も同じように夜空が怖いと思ったこともあったなぁと。
お月さんは空で光るのがお仕事やから、というと、フーンと分かったような分かっていないような…でした(^_^;)

私が小さかった時に見た月も、子供たちが見る月も、遠く離れている大事な人が見る月も全部同じでずっと変わらず見守り続けてくれていると思うと。
古来から月は母性の象徴のようにとらえられてきたのも何となく分かりますよね〜^ ^


COMMENT