Pienikukkaのアトリエから
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ツーソン2018 覚書3 | main | ツーソン2018 覚書5 >>
ツーソン2018 覚書4
ツーソンつづき。


今回は買い付けてきた石たちを。



あ、うちのニニさんだ、と目に飛び込んできた石。(右下ににゃんこの後姿)
デンドリティッククォーツ。




デンドリ、デンドリ。

デンドライトオパールも綺麗だけど、やっぱり透明感のあるクォーツが好き。




ヘソナイトの結晶。
観賞用。




エルバイト。これも観賞用。




デュモルチェライトインクォーツ。
クォーツの中の青い針状の結晶がとても綺麗です。




パライバクォーツの結晶詰まり系。



パライバクォーツ、水玉系。
これが一番の目当てでした。

たくさん置いているお店を去年見つけていて、今年もありますように〜〜と。

去年と同じところに、見覚えのあるお兄さんもいた!


でもブースの中にこの石が見当たらず??

パライバクォーツ。水玉の方。去年はたくさんあったのーーっと説明するも、どれの事だろう??と困っている様子のお兄さん。。

これを目的に来た私も、水玉!青いの!と必死です(笑)

しばし考えたあと、あ!メデューサストーン?と、顔がパッと明るくなるお兄さん。


そうでした〜〜あちらではこの水玉のはメデューサというのが一般的なようで、パライバクォーツでは分かりにくかったみたい。肝心なことなのにすっかり忘れてしまっていた。

石の呼び名もいろいろなんです。


こっちの店にあるよと案内してもらった別室のお店にあったーー!


大喜びしていると、これ全部いるか?と大量の石たちをザラザラと。

そんなに要らないので選ばせてください(^◇^;)と。


これのために来たようなものです。
これで旅の目的ほぼ完了 ♪







大好きなトルマリンのルースも、わたし好みの色を発見 ♪


他にもいくつかルースやお客様からのご依頼品なども買い付けて。


ツーソンも近年少しずつ値上がりしているらしいという事を聞いていました。
たしかに、同じ石でも去年より少し値上がりしていたような。。?


もう一つ。
探していた石があったのですが、聞いてまわっても結局探し当てることができずに少し心残りのまま。。



実は帰ってきてから寄った京都のお店で見つけてしまいました(笑)





星の入った水晶。



探しても探しても無い時は無いし、引き寄せられるように思わぬところから出てくるのも石探しの面白いところ。


石のこういう一期一会というか不思議な引き寄せがあるところも、私にとっては魅力の一つなんですね。



つづく。



COMMENT