Pienikukkaのアトリエから
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ツーソン2018 覚書 | main | ツーソン2018 覚書3 >>
ツーソン2018 覚書2
ツーソンつづき。


成田から飛行機を乗り継ぎながら、ツーソンへ着いたのはちょうどお昼時。


日付変更線を超えたり時差があったり、機内でも寝たのか寝てないのかよく分からない状態ですが、またジェムショーへ来た〜〜という嬉しさと、滞在先ホテルのすぐ横が会場の1つになっており。
眠気も吹っ飛びます(笑)







昨年は右も左も分からず移動ルートの把握に必死だったり、自分の好みのお店を探し当てるのに必死だったりした記憶(^_^;)

今年はある程度目星をつけて回ることができました。


街の中の広い範囲に、化石系、原石系、ルース系、ビーズ系、アーティスト作品、民族系などなど、様々なジャンルで会場が点在しています。
無料のシャトルバスが走っているので、行き先を確認しながら乗り繋いでの移動。

バスの時間は決まっているわけではないので、時には小1時間待ってみたり(^_^;)
でもそこで色んな国の人とお喋りする事もできたりして異文化コミュニケーションな感じ。これはこれで楽しいものです♪


1日目はサラッと流して、とりあえず晩御飯に近所のデニーズで乾杯しようーー♪と行ってみるも。。



どーん。




なんとビールなし!

アメリカではアルコールについては日本より厳しいそうで、デニーズのような未成年も多く来るようなファミレスではアルコールは提供されていないのですね。
残念。
アイスティーで乾杯!
砂糖の量(笑)




つづく。


COMMENT